福知山でローコスト住宅をお考えの方!ローコスト住宅がなぜ安いのかその理由を解説します! - 「バルーン住宅」京都・福知山・舞鶴で新築戸建・注文住宅・中古住宅をお考えならローコスト専門店

バルーン住宅|京都・福知山・舞鶴で新築戸建・注文住宅・中古住宅をお考えならローコスト専門店

来店予約イベント情報電話番号
福知山でローコスト住宅をお考えの方!ローコスト住宅がなぜ安いのかその理由を解説します!
2020年11月20日

憧れのマイホームが欲しいけど、通常の注文住宅は金銭的に買えないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのがローコスト住宅です。
ローコスト住宅といっても安全面などは心配ですよね。
そこで今回は、ローコスト住宅が安い理由を紹介します。

□ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とはその名の通り通常の住宅よりも価格を落とした住宅のことを指します。
中古住宅より新居のマイホームの方にあこがれるという方いらっしゃるのではないでしょうか。
ローコスト住宅は、予算はあまり確保できないが憧れのマイホームは欲しいという方におすすめだと言えますね。

一般的な住宅は、建築の坪単価が60万円程度で、工事費用の総額が3000万円になることが多いです。
一方でローコスト住宅は建築の株単価が40万程度、工事費用の総額が2000万円と通常の住宅を建てるのに比べて、3分の2程度の価格に抑えらます。

□ローコスト住宅が安い理由とは

ローコストなのはうれしいですが、気になるのはなぜローコストで販売できるかという点なのではないでしょうか。
ローコスト住宅でも、安全面に懸念点があっては意味がありません。
ここではローコスト住宅が安い理由を4つ紹介します。

1つ目は材料費です。
業務用スーパーが通常のスーパーより価格が安いことは皆さんもご存知ですよね。
ローコスト住宅にも同じことが言えるでしょう。
ローコスト住宅では材料を一気に大量に仕入れることによって、コスト削減をしています。

2つ目は人件費です。
企業が大きくなればなるほど販売網が複雑になり、人件費がかかります。
さらに決まった規格のものを工場で生産するので大工さんの余分な人件費も削減できるでしょう。

3つ目は広告費です。
テレビのCMやチラシなどで大々的に宣伝すると、広告費がかさみます。
業者独自の宣伝方法や宣伝網で宣伝することで、広告費を削減できるのですね。

4つ目に設備や仕様です。
これはやや想像しにくいですが、建物本体をシンプルなつくりにすることでコスト削減がされています。
具体的に例を挙げると、ドアの数を少なくしたり、照明やコンセントを少なくしたりと細かいコストカットを行うことが挙げられます。

□まとめ

今回はローコスト住宅が安い理由を紹介しました。
なぜ低価格で販売できるのか知っていただけたのではないでしょうか。
ローコスト住宅でも安全面は確保されていると言ってよいでしょう。
ローコスト住宅を検討している方の参考になれば幸いです。

直近のイベント情報
トップページ イベント情報見学会予約TOPへ
予約特典あり!イベント予約