月々支払いが不安ならローコスト住宅がおすすめ!福知山の設計会社がご紹介します - 「バルーン住宅」京都・福知山・舞鶴で新築戸建・注文住宅・中古住宅をお考えならローコスト専門店

バルーン住宅|京都・福知山・舞鶴で新築戸建・注文住宅・中古住宅をお考えならローコスト専門店

来店予約イベント情報電話番号
月々支払いが不安ならローコスト住宅がおすすめ!福知山の設計会社がご紹介します
2020年11月13日

福知山にマイホームをお考えの方で、月々の支払いが不安な方はいらっしゃいませんか。
そのような方には、ローコスト住宅がおすすめです。
今回は、その理由と、月々支払いを少なくする方法を解説します。

□ローコスト住宅で、月々の返済金額を減らせます

ローコスト住宅なら、毎月の返済額を抑えられるため、金銭的な負担を軽減できます。
一般的な注文住宅とローコスト住宅では、毎月の支払いに数万円の違いがあります。
それは年単位で比べてみると、大きな違いになるでしょう。

月々の支払いは家計に大きく影響するものであるため、できるだけ無理のない返済計画を立てたいですよね。
安く抑えられた分は、子供の将来や老後の資金として残しておいてはいかがでしょうか。

□月々支払いを少なくするための補助金制度とは

住宅購入の際に、受けられる補助金制度をいくつかご紹介します。
活用できるものは、できるだけ活用したいですよね。
中には併用が不可能である場合もあるため、確認してみてください。

*すまい給付金とは

すまい給付金とは、消費税増税に伴い、負担軽減のために支給される補助金です。
新築、中古のどちらでも、住宅の取得者がそこに住むことや、床面積が50平米以上であること、第三者による検査を受けているなど、いくつかの基準を満たせば受けられます。

775万円以下の収入であれば、最大50万円の補助を受けられます。
住宅ローン減税などの他の補助制度との併用も可能であるため、確認してみてください。

*エネファーム設置による補助金とは

家庭用燃料電池システムであるエネファームを住宅に取り入れる場合、補助金が受けられるかもしれません。
条件としては、指定の補助対象エネファームであることと、6年以上使用することが挙げられます。
機器価格と工事費の合計金額によって、1台につき1~4万円の補助金が受けられるため、活用してみてはいかがでしょうか。
また、LPガスに対応している場合や、マンションであることなど、条件に合わせて1台につき3万円の追加補助もあります。

今回ご紹介したものの他にも、補助金制度や減税制度があるため、チェックしてみてはいかがでしょうか。
自治体によっては、独自の補助金制度を用意していることもあります。
各自治体がどのような制度を取り扱っているか確認してみてください。

□まとめ

この記事では、月々支払いが不安な方にローコスト住宅と補助金制度についてご紹介しました。
当社は、低価格でありながら高い品質の住宅をお客様に提供しています。
福知山にローコスト住宅をお考えの方は、お気軽にご連絡ください。

直近のイベント情報
トップページ イベント情報見学会予約TOPへ
予約特典あり!イベント予約