舞鶴でローコスト住宅を建てようとお考えの方へ!後悔しないための対策をご紹介! - 「バルーン住宅」京都・福知山・舞鶴で新築戸建・注文住宅・中古住宅をお考えならローコスト専門店

バルーン住宅|京都・福知山・舞鶴で新築戸建・注文住宅・中古住宅をお考えならローコスト専門店

来店予約イベント情報電話番号
舞鶴でローコスト住宅を建てようとお考えの方へ!後悔しないための対策をご紹介!
2020年10月24日

舞鶴にローコスト住宅をお考えの方で、後悔しないための家作りをしたいと思っている方は多いのではないでしょうか。
この記事では、ローコスト住宅における失敗例と、後悔しないための対策をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□ローコスト住宅の失敗例をご紹介します

家作りは、費用を抑えたいものの、失敗はしたくありませんよね。
今回はローコスト住宅における失敗例を紹介しますので、これらの点に注意してみてはいかがでしょうか。

1つ目は、理想の家にできなかった例です。
シンプルなプランにすることで低価格を実現しているため、デザインをこだわることは難しいかもしれません。

2つ目は、オプションを追加したことで追加費用が生じた例です。
オプションで、最新の設備やこだわった内装に変更すると、予想以上の金額になってしまうかもしれません。
標準仕様の建材や内装にすることで低価格になるため、希望がある場合は、どこを変更するかを考えてみてください。

3つ目は、光熱費と修繕費がかかってしまう例です。
断熱材の量や質を下げたことにより、冷暖房などの光熱費が高くなってしまうかもしれません。
保証期間終了後の修繕費は自己負担になるため、結露やカビにも注意してください。
断熱材の種類や窓の断熱性を、事前に確認してみてはいかがでしょうか。

□後悔しないためにポイントとは

まず、ローコスト住宅を建てる際は、予算とご希望の内装や間取りのバランスをとることが大切です。
後からオプションを追加すると、思ったより費用がかかってしまうことがあります。
一方で、最低限のプランにしてしまうと、維持費がその分かかってしまう可能性があります。
理想の条件を専門家に伝えた上で、見積もりをしてもらってはいかがでしょうか。

次に、細部まで間取りについて担当者と相談することが大切です。
ローコスト住宅は、間取りを決まったプランの中から選ぶ場合と、水回りや内装、間取りをシンプルにすることでコストカットする場合があります。
どちらにせよ、希望に近づけた間取りにしてくれることもあるため、担当者に相談してみてください。

また、現場監督の方にもしっかりと希望が伝わることが重要な点です。
加えて、建築中の職人さんとのコミュニケーションも大切にしましょう。
飲み物の差し入れをしたり、現場を見に行って建設状況の話を聞いたりすると良いです。
そうすることで、適度な緊張感が生まれたり、職人さんへの感謝の気持ちも伝わるとやりがいを感じやすくなったりします。

□まとめ

この記事では、ローコスト住宅を建てる際に後悔しないための対策をご紹介しました。
当社は、徹底した打ち合わせでお客様のご希望に合わせたプランをご提案します。
舞鶴でローコスト住宅を建てようとお考えの方は、お気軽にご相談ください。

直近のイベント情報
トップページ イベント情報見学会予約TOPへ
予約特典あり!イベント予約