福知山でローコスト住宅をご検討中の方へ!土地探しについて解説します! - 「バルーン住宅」京都・福知山・舞鶴で新築戸建・注文住宅・中古住宅をお考えならローコスト専門店

バルーン住宅|京都・福知山・舞鶴で新築戸建・注文住宅・中古住宅をお考えならローコスト専門店

来店予約イベント情報電話番号
福知山でローコスト住宅をご検討中の方へ!土地探しについて解説します!
2020年9月24日

福知山でローコスト住宅を検討中の方はいらっしゃいませんか。
ローコスト住宅を建てようと考えていても、土地がないと話が進まないですよね。
しかし、土地探しは初めての経験であるという方も多いですよね。
そこで今回は、専門業者が土地探しの前に準備することと住宅を建てる際に注意すべき点を紹介します。

 

□土地探しの前に準備することとは

土地探しが初めてで不安を感じている方は多いですよね。
実際に土地探しをする際は、準備をする必要があるでしょう。
ここでは土地探しの前に準備することを紹介します。

1つ目は、希望条件の優先順位を決めることです。
土地を探す際は必ず希望がありますよね。
希望条件は家族の中でも様々でしょう。
条件を全て叶えることはかなり難しいため、希望の中で優先順位を決めることが重要です。

2つ目は、土地の予算を決めることです。
住宅を購入する際は、土地購入費と建物の建築費がかかります。
全体の予算から土地購入費にどれだけ使うのかを決めておくことが重要でしょう。

3つ目は、土地の特性をチェックすることです。
土地の中には更地ではなく、古い建物が残っている場合があります。
そういった土地を「古屋付き」の土地と呼びます。
古屋付きは建物の日当たりや建物の配置がイメージしやすいでしょう。

しかし、建物の解体費用がかかることを忘れてはいけません。
周辺の相場よりは安いかもしれませんが、解体費用を考えると高くなる可能性があります。

さらに、建築条件付きと表記されている土地かどうかを確認する必要があります。
この条件がある場合は、希望する建築会社を選べないかもしれないことに注意してください。

 

□住宅を建てる際に注意すべき点とは

ここまでは土地を探す前に準備することを紹介しましたが、実際に住宅を建てる際の土地選びにはどのような点に注意する必要があるのでしょうか。
その注意点を紹介します。

1つ目は、安いという理由だけで選ばないことです。
安い土地には、やはりそれなりの理由があると思っておきましょう。
建築費用が高くなる恐れがあるので注意しましょう。

2つ目は、地盤が弱い場合は別途費用がかかる可能性があることです。
地盤沈下や液状化現象を起こした土地である場合は購入しない方が良いでしょう。
追加で工事をする必要がある可能性が高いです。

 

□まとめ

今回は、専門業者が土地探しの前に準備することと住宅を建てる際に注意すべき点を紹介しました。
土地探しの前は、希望条件に優先順位をつけること、土地の予算をつけること、土地の特性をチェックすることが重要です。
紹介した注意点を参考にしてくださいね。
土地探しや住宅に関してお悩みの方は当社にご連絡ください。

直近のイベント情報
トップページ イベント情報見学会予約TOPへ
予約特典あり!イベント予約